2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

THE END OF THE BEGINNING

6枚目のアルバムです。
5枚目を作ったとき、そのレコーディングでの演奏の激しさやアルバムとしてのエネルギーの高さに満足すると同時に次のアルバムでどうすればより強力なアルバムが作れるのか考え込んでしまいました。

ある意味でバンドとしての序章が終わったと感じて、さらなる進化を目指さなければと考え、それを今作のアルバムタイトルにしました。
実は同時期に清野さんのブログで清野さんも同じ事を考えて、同じタイトルをブログにつけていた事を後で知り、そのシンクロニシティに驚き、また嬉しくおもいました。
それまでのアルバムはLIVE-という冠タイトルをつけていたのですが、ライブレコーディングで録る事がこのバンドの当たり前になり、冠をつけなくても良いかと考えタイトルから外しました。

それ以外にも幾つかの新路線を取りました。それまでのアルバムでは武藤作曲のショートインパクト系の曲を一曲目に持ってきていたのですが、このアルバムで はゴリさんのBEYOND THE WESTSIDE HILLを一曲目に持って来ました。テクニカルな変拍子、フリーインプロビゼーション、メタリックなソロ、ドラマチックな展開など、NEXT ORDERの音楽の中でフィーチャーされる要素が全て含まれている長めのサイズの楽曲です。
またナイロン弦ギターとディストーションギターのアンサンブルもレコーディングしました。
元々姫路のトビちゃんという強力なキャラクターのボーカル/ラッパーとライブ後に酔っ払って話していつかコラボできるようなメロディーのない曲を作るわって作ったのが収録されているPOUND FOR POUNDです。武藤作曲の曲で一番作るのに時間がかかった曲かも。
この曲のオープニングパートは以前共演したアルクシアターとのミュージカルで武藤がダンサーとのコラボシーンの為に作ったもので、そこからどんどんアイデアを膨らませていきました。

またバンドとしてはそれまで演奏動画をネットにアップしない、ライブで実際に聴いてもらいたいという方向性メインだったのですが、初めてアルバムプロモー ション用に動画を撮影しました。複数のビデオカメラとスタジオを用意してくれたMI名古屋校に感謝です。またその動画の編集はドラマー丹羽絢子ちゃんに依 頼しました。まるでメタルバンドのような映像で面白かったなあ。

前作の頃起こった東日本大震災から、チャリティーライブを石垣君が企画して、久しぶりに得三で昔から交流のあったまりも、赤門と対バンライブをしたり、幼 少期に福島で過ごした経験のある清野さんがFROGS AND HAYという美しいバラードをバンドに持ち込んでくれたりとその時期とシンクロする出来事も多かったです。
関西ではDJAMRA、る❇︎しろうと対バンのライブも企画してもらいました。

リリースに向けてディスクユニオンでは予約特典キーホルダーを製作してくれ、ライブ会場限定外伝アルバムでは姫路のトビちゃんラップでPOUND FOR POUNDをコラボした音源をプレゼントしたり、新しくアメリカのABSTRACT LOGIXから海外リリースしたりと多くの方々に応援して頂きました。

そしてそのレコ発ツアーをどのように行うか、バンドメンバーで話している中で冗談のような企画が生まれました。
6枚目のアルバムのレコ発だから神戸のビッグアップルで6日連続でレコ発をしよう、そして過去のNEXT ORDER楽曲を全部やってライブレコーディングしてしまおう!笑
あまりの向こう見ずなアイデアにメンバーはテンション上がりまくりで次の日には自分がビッグアップル近藤さんにブッキングの電話をしていました。近藤さんも大笑いで快諾してくれてバンドはさらにハイテンションな展開に向かう事になります。

レコ発で6日連続ライブレコーディングという嘘のようなホントの企画に向けさらにバンドが前進するキッカケとなった大切なアルバムです。
デザインに関してもデザイナー平生和久君のマニアックなまでのこだわりが入っていてそれも平生君に詳しく書いてもらいたい位です。


comment









trackback