2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

LIVE-INTENSIFIED
5枚目にして製作に最も苦労したアルバムです。
それまでの経験からツアー中、ツアー直後のライブレコーディングが最もNEXT ORDERサウンドが固まるため(何日もやり倒すので当たり前なのですが)、ツアーにレコーディングスケジュールを組み込みました。

大阪に始まり東京2日、石川県、岐阜、名古屋、鳥取、姫路、神戸のツアーを夏に組み、その中の名古屋と神戸でライブをレコーディングしました。

数年にわたりローディーをしてくれた大野雅央君のローディー卒業ツアーでもあったので、ゴリさんが鳥取のライブハウスに渡りを付けてくれ、皆生温泉で大野 君お疲れ様会をしたのを今でも鮮明に思い出す事ができます。その後大野君は再びローディーに復帰するのですが、それはまた別の機会に。

岐阜垂井ではNPOの榎本さんにお世話になり紅白垂れ幕特設ステージで灼熱の炎天下ライブ、その足で汗だくのままスタジオに入り次の日の名古屋レコーディ ングのリハーサルをしたり、まさに軍隊レベルのツアーでした。こんなスケジュールでやれたのも羽島に新しく出来たブロンコビリーのおかげで、メンバーは毎日昼から肉ばかり食べてガソリン補給しまくったのです。比喩ではなくホントに毎日同じ店に同じ時間にいっていたのです。ここら辺は今でも変わりません。笑

ライブレコーディングでは予想通り素晴らしいテイクが続出し、数曲演奏した過去の再演曲も破壊的な出来になったので、急遽ボーナスディスクを加えた二枚組みアルバムリリースになりました。
激しいツアーで演奏の激しさもレコーディングできたこともあり、タイトルはそのまま激化INTENSIFIEDとつけました。

過去最長のサウンドバランスのミックスも終わりいざプレスというタイミングで事件発生。
忘れもしない東日本大震災で、それまで過去作品をプレスしたプレス会社が夜逃げ倒産。入稿したアルバムマスター音源やジャケットなどすべて消失。二枚組み アルバムプレスのため通常より多く振り込んだ代金も消失。データは控えがあったので問題なかったのですが、プレス代金は戻らずでした。使わなくなったギ ターや機材を売り払いなんとか別の会社でプレスにこぎつけました。そういう意味でも忘れられないアルバムになりました。

コメント頂いて思い出し補足しますが、ディスクユニオンでは予約特典でジャケットのステッカーを作って頂き、先行発売された国外版を買うか、ジャケットス テッカー付きののディスクユニオン版を買うか、外伝アルバム付きのライブ会場限定版を買うか、お客さんを悩ましてしまいました。その節は皆さんありがとう ございました。

またこのアルバム発売で以前のアルバムも国外で発売に拍車がかかり、ギターナインチャートでは販売ランクトップ3をNEXT ORDERが独占しました。懐かしい。
デザインで加藤康仁君に参加してもらいました。
レコーディングミックスなど音関連はひでさんです。


comment









trackback